トップページ
施設案内
入居案内
介護事業
会社案内
お問い合わせ

介護事業 居宅介護支援事業

  • 介護保険の申請と手続き
  • 居宅介護支援事業
  • 訪問介護

ケアプラン作成(居宅介護支援事業)

ご利用者が人間らしく、豊かな暮らしを送れるように手助けするのがケアスタッフの役目です。ケアマネージャーは、ご利用者とご家族の要望や生活環境などをしっかりとお聞きし、最適なケアプランをご提案いたします。

ケアプラン作成から、サービス開始までの流れ

ケアプランは、最適な生活を送るためにとても大切なものです。担当ケアマネージャーにご希望や心配ごと、わからない点などは何でも相談し、より良いプラン作りをしましょう。

介護を受けられる方、ご家族の現状を把握します。

ケアマネージャーがご利用者、ご家族と面談し、状況や環境、生活歴、その他問題点等の課題を分析します。

ケアプランの原案を作成します。

その分析をもとに、課題を検討し、ケアマネージャーがケアプランの原案を作成します。

サービス事業者との連絡および調整を行います。

ケアマネージャーが中心となり、サービス事業所の担当者と利用者ご本人、そしてご家族と話し合いサービス内容の調整をします。

ケアプランを作成し、ご利用者様、ご家族に確認、同意をいただきます。

最終的なケアプランを作成します。ケアプランがご希望に添ったものか、費用等の問題がないかなどをご確認いただき、問題がなければ同意をいただきます。

「ケアプラン」に基づき介護サービスの利用が始まります。

サービスが開始されてから、月に1度はケアマネージャーが訪問します。ご利用者の様子やペースなど、現在の状況と「ケアプラン」があっているかなどケアマネージャーと話し合い見直しましょう。